会議室

東京のシェアオフィスは起業に情熱を燃やす人を全力サポート

起業初心者なら東京のシェアオフィスがおすすめ

女性

日本ではここのところ起業ブームがすっかり定着した感があります。そんなブームに乗って、自分も一つ起業を試みてみようと考えているなら、オフィスとしてはまず東京にあるシェアオフィスを利用するのがおすすめです。
起業は、お勤めとは違う知識やスキル、才能が必要とされます。「今までやってきたこと」が通用しない世界で、新たに自分の事業を形作り、上手く回る仕組みを整えていくには、時間も労力も必要です。その間、安定した利益が見込めることはまれですので、当面は、オフィス賃料にむやみと資金を費やさない方が賢明です。
起業初心者の場合は特に、コストに関する予想が大雑把すぎる傾向があります。換言すれば、「こんなはずではなかった」という予想外の出費が起こるリスクが非常に高いです。起業慣れした人であれば当初から予算に組み入れておくようなことでも、起業初心者はそこに思い至らない場合が多いのです。そんな時、東京で占有オフィスを借りるなどした場合は、毎月の賃料の高さが重い負担となるでしょう。
まずは、安全策として、同じ東京でも、占有オフィスではなくシェアオフィスで小さく始めてみましょう。事業の成長に応じて、よりグレードの高いシェアオフィスにうつるなり、専用オフィスを借りるなり、柔軟に対応していくといいでしょう。

使い方いろいろなシェアオフィス

東京に自分のオフィスを持つ際の一つの選択肢として、シェアオフィスが勢力を拡大しつつあります。利用者が入居して、すぐにオフィスとして使うことができるよう、ITインフラを始め、オフィス備品、家具、複合機やミーティングルームなど、基本的なオフィス機能を全て備えていて、非常に使い勝手がいい東京のシェアオフィス。しかも利用料が非常に安いとあって、最近では、個人事業主やフリーランスの方に限らず、様々な形で利用されています。
例えば、中小~大手までの法人で、在宅勤務制度導入の一環として使う場合があります。東京の中で、スタッフが多く在住する場所を中心にいくつかのシェアオフィスをレンタルして、そこに「出勤」することを認める新しいテレワークのやり方です。
また、本社機能を東京以外に持つ会社が、子会社を東京に置く場合に、コストを抑えられるシェアオフィスを活用するケースもあります。
いずれの場合も、シェアオフィスという場の性質やメリットと、企業側のニーズやメリットとのマッチングを上手く行った例と言えるでしょう。
様々な使い方ができるシェアオフィス、自社でも何か有効な使い道がないかどうか、是非検討してみてはいかがでしょう。

東京事業所はシェアオフィス活用でリーズナブルに

地方に本社がある企業で、東京に出張所や事業所を設置することを検討中なら、オフィスの設置場所としてシェアオフィスを活用することをおすすめします。
シェアオフィスについて耳にしたことがあっても、フリーランスの方や個人事業主が利用するものというイメージを持っている人も多いでしょう。しかし、シェアオフィスは、特に、利用者を個人に限定しているわけではありません。
地方の会社が東京に事業所を置く場合、まず頭を抱えてしまうのが、東京のオフィス賃料の高さでしょう。シェアオフィスを使えば、この問題は難なくクリアできます。従って、検討すべきことは、東京事業所、出張所に、具体的にどのような機能を担わせるかということです。その内容次第で、シェアオフィスで行けるのか、占有オフィスが必要なのか、判断が分かれるところでしょう。
シェアオフィスは通常、オフィス家具、会議室、ITインフラにOA機器など、事務系の業務をこなすのに必要な施設設備は完備しています。従って、東京事業所の役割が、情報収集や発信といったコミュニケーション系業務であれば、シェアオフィスで十分間に合います。東京事業所に担当させたい業務内容を検討して、最適なオフィスを選びましょう。


シェアオフィスが東京で人気なのは、低コストでビジネスを広げることができることが大きな利点です。

Post List